Zudem war er von 1966 bis 1998 an jedem großen Fußballturnier als Berichterstatter oder Experte in den Sendungen der BBC tätig. 1952 wechselte er zum Ligakonkurrenten FC Fulham für die damals respektable Summe von 25.000 Pfund. In the following clip Jimmy is being interviewed by Des Lynam where he talks of the disaster "not being hooligan-related" and "the gates being opened.". The population was 10,825 as of 2010. [1], 1957 wurde Hill Nachfolger von Jimmy Guthrie als Vorstand der englischen Spielergewerkschaft und führte den langwierigen Kampf gegen eine Gehaltsobergrenze für Fußballspieler fort. Im Jahr darauf konnte Fulham in die First Division aufsteigen, Hill konnte sich jedoch erst am Karfreitag mit einem Hattrick gegen Sheffield Wednesday in die Torschützenliste eintragen. Die Hillsborough-Katastrophe war ein schweres Zuschauerunglück mit 96 Toten und 766 Verletzten am 15. Hillsborough is an incorporated town in San Mateo County , California, in the San Francisco Bay Area. In insgesamt neun Saisonen und 276 Ligaspielen mit Fulham erzielte Hill 41 Tore. Moment of Crisis mentioned in The Guardian. His career has taken in every role in football, including player, union leader, coach, manager, director, chairman, television executive, presenter, analyst and match official. Hill married three times, having three children by his first wife, Gloria, and two by his second, Heather. Hill wurde 1928 im Londoner Stadtteil Balham geboren. Er führte die Sendung bis 2007, als er von seinem damaligen Co-Moderator Brian Woolnough abgelöst wurde. In 2007, he was replaced from the show because of his ill health. But on the day of the Hillsborough disaster April 15th 1989 Jimmy played a blinder. After winning the Division Three championship in 1963–64, and the Division Two title in 1966–67, Hill quit the club shortly before the start of the 1967–68 season. [1], 1961 beendete Hill seine Karriere als Fußballspieler und begann in der nächsten Saison seine Karriere als Fußballmanager beim Drittligisten Coventry City. He studied at Henry Thornton Grammar School. After leaving Coventry in 1967, Hill moved into broadcasting, acting as technical adviser for the BBC. Jimmy Passe is a Counselor - Professional based out of Hillsborough, New Jersey and his medical specialization is Counselor - Professional.He practices in Hillsborough, New Jersey and has the professional credentials of L.P.C. August 2019 um 16:30 Uhr bearbeitet. Nach einem kurzen Einsatz als technischer Berater bei einer Fernsehserie der BBC wurde er 1968 mit der Leitung der Sportabteilung beim Fernsehsender London Weekend Television betraut. Nach der Schule arbeitete Hill zunächst an der London Stock Exchange, wurde dann jedoch zum Wehrdienst eingezogen und diente im Zweiten Weltkrieg im Royal Army Service Corps, wo er unter anderem auch Fußball mit Profifußballern spielte. Hill was born in Balham, London. [1], 1972 verließ Hill London Weekend Television, um neuer Moderator der Fußballfernsehsendung Match of the Day zu werden. 1961 gelang es der Spielergewerkschaft schlussendlich unter seiner Führung, die Vereine zu einer Aufgabe der Obergrenze zu bewegen. Jimmy Hill has been a widely lampooned and ridiculed figure over the years. 0–2 Arsenal F.C. Nach der Schule arbeitete Hill zunächst an der London Stock Exchange, wurde dann jedoch zum Wehrdienst eingezogen und diente im Zweiten Weltkriegim Royal Army Service Corps, wo er unter anderem auch Fußball mit Profifußballern s… 60年以上のキャリアを誇る、超ベテランアルトサックス奏者JIMMY HILLのワンホーンカルテット作品。 昔のMUSEなんかででていそうな、安心印のどこをとっても100%ジャズという、快適愉悦盤だと思う。 難しいことや、理屈っぽいことは、全くなし。 His career included almost every role in the sport, including player, trade union leader, coach, manager, director, chairman, television executive, presenter, pundit, analyst and assistant referee. Zit, just to the right of his nose, below the lip. [3], Hill died from the disease on 19 December 2015 in Hurstpierpoint, West Sussex at the age of 87. [3], https://de.wikipedia.org/w/index.php?title=Jimmy_Hill&oldid=191395520, Fernsehmoderator (Vereinigtes Königreich), „Creative Commons Attribution/Share Alike“, englischer Fußballspieler, Manager, Moderator, Gewerkschafter, Fernsehproduzent. Als Fulham im FA Cup 1957/58 das Halbfinale erreichte, erzielte Hill in jeder Pokalrunde ein Tor. The former Coventry City manager, chairman and broadcaster left as big a mark on football as any „die Himmelblauen“) um. In dieser Zeit wandelte sich Hill allmählich zu einem Stürmer auf der rechten Seite des Spielfelds (inside right), wo er im Tandem mit Johnny Haynes einige erfolgreiche Saisonen mit Fulham bestritt. Jimmy Hill Programme, the s*n and Hillsborough and lies, Re:Jimmy Hill Programme, the s*n and Hillsborough and lies, http://www.redandwhitekop.com/forum/index.php?board=3;action=display;threadid=10685. James William Thomas Hill, OBE (22 July 1928 – 19 December 2015) was an English football professional and later a renowned television personality. It is located 17 miles (27 km) south of San Francisco on the San Francisco Peninsula, bordered by Burlingame to the north, San Mateo to the east, Highlands-Baywood Park to the south, and Interstate 280 to the west. [1] His career has taken in every role in football, including player, union leader, coach, manager, director, chairman, television executive, presenter, analyst and match official. Expand Your Search. Rooney caught in crossfire between 'The Sun' and an unforgiving city, News International chairman James Murdoch apologises to Liverpool over Sun's coverage of Hillsborough tragedy, Summary of Chapter 6: Parallel investigations, Part 1: Hillsborough: 'what was known' - The Taylor Interim Report, Chapter 6: Parallel investigations - Formal reports to the Taylor Inquiry, Chapter 6: Parallel investigations-Lord Justice Taylor's Final Report, Chapter 6: Parallel investigations-Responses to the Taylor Interim Report, Chapter 6: Parallel investigations-Conclusion: what is added to public understanding, Chapter 10: The 3.15pm cut-off - The Coroner's summing up and subsequent reflections, Chapter 10: The 3.15pm cut-off - Conclusion: what is added to public understanding, Part 1: Hillsborough: 'what was known' - Private prosecution, Minister Andy Burnham calls for full disclosure on Hillsborough tragedy, House of Commons Hansard Ministerial Statements for 15 Dec 2009 (pt 0004), Hillsborough papers: Cameronapology over 'double injustice', Summary of Chapter 3: Custom, practice, roles, responsibilities, Chapter 4: Emergency response and aftermath: 'routinely requested to attend' - Conclusion: what is added to public understanding, Chapter 5: Medical evidence: the testimony of the dead - Conclusion: What is added to public understanding, Summary of Chapter 11: Review and alteration of statements, Chapter 11: Review and alteration of statements - Removal or amendment of material critical of fans, Summary of Chapter 12: Behind the headlines: the origins, promotion and reproduction of unsubstantiated allegations, Chapter 11: Review and alteration of statements - Introduction, Hillsborough statement: Cameron and Miliband apologise, Hillsborough: FA chairman David Bernstein gives apologyapologise, Hillsborough disaster: the new evidence under IPCC investigation, Sir Norman Bettison resigns over Hillsborough inquiry, Theresa May's speech on the Hillsborough Investigation, Hillsborough inquests: Disaster 'seared into the memories', The six people facing charges over Hillsborough, David Duckenfield faces Hillsborough charges with five others, Hillsborough: The six men facing charges over the disaster, Hillsborough disaster: six people, including David Duckenfield, charged, Hillsborough charges against Sir Norman Bettison dropped, Hillsborough trial: Jurors asked to reveal football allegiances, Hillsborough trial: David Duckenfield 'will not testify', Hillsborough trial: Jury retires in David Duckenfield and Graham Mackrell case, Hillsborough trial: No verdict over David Duckenfield, Hillsborough match commander David Duckenfield retrial, Lib Dems call for return to 'safe' standing on terraces, Celtic open new safe standing section in win over Wolfsburg, Safe standing: Premier League clubs to have further talks, ChartArchive - Gerry Marsden, Paul McCartney, Holly Johnson And The Christians - Ferry Cross The Mersey, Six of the best ... Jimmy McGovern dramas, Entertainment Manics slated for Hillsborough song, Michael Nyman on his Hillsborough Symphony, Steven Gerrard says death of his cousin at Hillsborough was biggest inspiration, Welcome to the Hillsborough Family Support Group, New Year Honours: Hillsborough campaigners appointed CBE, http://www.southyorks.police.uk/sites/default/files/Taylor%20Interim%20Report.pdf, http://www.southyorks.police.uk/sites/default/files/hillsborough%20stadium%20disaster%20final%20report.pdf, http://www.southyorks.police.uk/sites/default/files/STUART%20SMITH%20ENQUIRY%20REPORT.pdf, Hillsborough tragedy - the 1989 disaster remembered, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヒルズボロの悲劇&oldid=78185772, スタジアム西側の入場ゲートの混雑を緩和するために出口専用ゲートを開放。その際、警備側が人員を配して新たに流入する群集を適切に誘導し、分散するなどの対策を講じなかったため、その多くが直近の立見席に殺到。結果、安全基準を上回る観客がすし詰めとなり、最終的に96人が死亡。. Hill begründete damit die moderne Form des „TV-Experten“, wie sie heute bei den meisten Liveübertragungen üblich geworden ist. People Search, Background Checks, Criminal Records, Contact Information, Public Records & More. And why did Margaret Thatcher's government cover up these lies? Während seiner Schulzeit wurde Hill auch Anhänger von Crystal Palace. All rights reserved. [4], Media related to Jimmy Hill at Wikimedia Commons, From Simple English Wikipedia, the free encyclopedia, CS1 maint: multiple names: authors list (, "Jimmy Hill's family in turmoil over his battle with Alzheimer's", Jimmy Hill: Former Match of the Day presenter dies aged 87, https://simple.wikipedia.org/w/index.php?title=Jimmy_Hill&oldid=6046257, Creative Commons Attribution/Share-Alike License, * Senior club appearances and goals counted for the domestic league only. In 1999, Hill moved from the BBC to Sky Sports, where he featured on Jimmy Hill's Sunday Supplement. Hills Karriere im Fußball umfasste neben seiner aktiven Zeit als Spieler beinahe alle Tätigkeiten, die es in diesem Sport gibt: Spielergewerkschafter, Trainer, Manager, Direktor, Vorstandsvorsitzender, Moderator, Experte und leitender Angestellter beim Fernsehen und Schiedsrichterassistent. [1], 1999 wechselte Hill von der BBC zu Sky Sports, wo er die Diskussionssendung Jimmy Hill's Sunday Supplement gestaltete und moderierte. James Hill in Hillsborough, NC We found James Hill in Hillsborough - select James below based on age, prior locations, and family. ミッドランズ警察(英語版) (WMP) に対しテイラーの調査に協力するように指示すると[64]、WMPはフリーダイヤルを用いて一般市民からの情報提供を呼びかけると共に、当日の模様を収めた71時間分の証拠映像を入手[82]、5月15日から6月29日にかけて行われた公聴会では174人の目撃者からの証言を得た[82]。WMPはテイラーの調査に引き続き公訴局長(英語版)の調査や、1990年から始まった死因審問の調査にも協力した[64]。さらにテイラーは報告書の作成にあたり、シェフィールドに研究所を置く安全衛生庁(英語版) (HSE) から広範囲に渡る技術的な問題に対する支援を受けた[83]。, SYPも事故後すぐに内部調査班を設置してWMPからの協力要請に応じたが[64]、内部調査報告書の内容は多数のチケット未所持者や泥酔したサポーターなどによる積極的かつ予期せぬ群集行動が事件の重要な要素になったことを強調すると共に、スタジアムの構造的欠陥を指摘するものだった[84]。, 再試合は5月7日にマンチェスターのオールド・トラッフォードで行われ3-1でリヴァプールが勝利、決勝ではエヴァートンを延長戦の末に3-2で下し1985-86シーズン以来、4度目の優勝を果たした[79]。, ヒルズボロ・スタジアムでの事故を受けてリーグ戦は2週間延期された[85]。これにより4月23日にホームで行われる筈だったリヴァプール対アーセナル戦は5月26日に日程が変更されたが、リーグ最終戦として行われたこの試合は首位のリヴァプールを勝ち点差3で追うアーセナルとの優勝を賭けた直接対決となった[85]。リヴァプールは1点差でアーセナルに破れても優勝が決まる条件だったが、試合は52分にアラン・スミス(英語版)の得点でアーセナルが先制すると、アディショナルタイムにマイケル・トーマス(英語版)の得点でアーセナルが更に1点を追加して2-0で試合終了。得失点差で両チームは並んだものの総得点で上回るアーセナルが優勝した[85]。リヴァプールはFAカップ決勝で延長戦を戦った3日後に試合をこなし、その2日後にこの試合を迎えるなど、過密日程が響いた形となった[85]。, 事故調査を担当した控訴院のピーター・テイラー(英語版)判事は8月4日に中間報告書を発表し事故発生の直接原因として、警察が当日の14時52分にCゲートを開放した際に既に満員の状態だった第3・第4ブロックへ通ずる通路を封鎖し、他のブロックへ誘導する対応を怠った点を指摘した[8][86][87]。テイラーはフーリガニズムは主要な役割を果たしておらず、真の原因は過密状態と警察による群衆制御の失敗であると結論付け、これらの判断を主導したダッケンフィールド警視正を「最大級の大失態」として厳しく非難した[86]。さらに、警察によるスタジアム外に溢れていたサポーターの誘導の不備や、事故発生後の対応の遅れ[8][88]、スタジアムの所有者であり主催者のシェフィールド・ウェンズデイの維持、保全、管理責任[30]、安全証明書に関する対応を怠りスタジアムの様々な構造的問題を長年に渡り黙認したシェフィールド市議会[89]、警察と緊急サービス間の不十分な協力姿勢[90]、などについても非難する内容となった。, これにより「ヒルズボロの悲劇の責任はリヴァプールサポーターにある」との疑惑[74]や、「ヘイゼルの悲劇」に代表されるフーリガニズムとの関連性についての指摘も払拭した[92]。, 一方、サウス・ヨークシャー警察は事故原因として「リヴァプールサポーターの来場の遅れ」を挙げ[93]「彼らの多くは酩酊し非協力的で、尚且つチケットも所持していなかった。彼らが試合開始時間までに入場しようと試みたため入場ゲートでの混雑を誘発した」と主張していた[93]。これに対し、テイラーは様々な要点を示して警察側の主張を否定した。, このなかでHSEは、10,100人のチケット所持者をCゲートを開放せずに入場させることができた時間についてはキックオフの40分後、つまり15時40分であると分析した[95]。また、テイラーは中間報告書の中で事故当日に救急、救助活動に関わった若い警官について「困難な状況の中で英雄的な努力をした」と評したが、65人の警察幹部については「残念ながら彼らの証言の質は多くの場合、その肩書に反比例する」と評した[91]。, このほか、救急隊や消防隊に対しても一部の医師から「到着の遅れ」「除細動器の欠如など不十分な医療機器」「トリアージの欠如」が指摘されていた[96]。これに対し、テイラーは警察と緊急サービス間のコミュニケーション不足は認めたが、「待機態勢を取る3つの救急隊は通報後、適切な器材を装備し、それぞれが効率的な活動を行った」「人々が密集した状況下で除細動器を使用した場合、感電受傷を招く危険性がある」「いかなる競技場においても、大災害に対応可能な医療設備を有すると想定することは不合理だ。あらかじめ100人以上の犠牲者を想定し、十分な器材と医療スタッフを配備することは実用的ではない」として退けた[96]。, 1990年1月に発表された最終報告書では将来のための群衆制御と安全の必要性に焦点を当て[97], とサッカー界の問題点を指摘[98]。その上で「安全対策上の最善の方策ではない」と前置きをしつつ「立見席の廃止と椅子席の導入を達成することで、より多くの結果をもたらす」として[99]、イングランドとスコットランドの1部リーグと2部リーグに所属するサッカークラブの使用するスタジアムに対し「テラス」の廃止を提唱した[74][99][100]。また、サッチャー政権下で協議が進められていたIDカード導入計画については入場ゲートでの混雑を更に誘発するだけだとして否定[100]する一方、「サッカー観戦者法」 (Football Spectators Act 1989) の中で定められた「スタジアム内でのアルコール類販売禁止」「危険物持ち込み禁止」の内容を支持した[100]。また、スタジアム内での猥褻表現や人種差別的行為などのサポーターによる問題行動に対し新たに法規制を設けるように提案した[101]。, テイラー判事により報告書が提出されたにも関わらず、1990年8月14日に公訴局長(英語版)は証拠不十分を理由にいかなる個人や団体に対し刑事告訴を執り行わない評決を下した[8][64]。公訴局長は事故に対する責任は警察、クラブ、イーストウッド&パートナーズの技士、シェフィールド市議会にあることを認識していたが、その最も重要な部分が警察に起因していたため、過失致死傷罪またはその他の罪で立件することはできなかったと考えられる[84]。, 犠牲者の死因を究明する死因審問はステファン・ポッパー検死官が責任者に任命され、同年4月18日から5月4日の予備審問を経て、11月19日に開始されたが[64]、「すべての犠牲者は15時15分の時点で死亡したか脳死状態だった」として審理の範囲を限定した[106]。この「15時15分の区切り」についてポッパーは、全ての犠牲者が呼吸停止を始めた時間を試合が中止された15時6分に固定、致命的な脳障害が4から6分の間で発生したと見做し[107]、病理学者らの判断も支えとなり最終的に15時15分を越えて生存する可能性も回復する見込みもなかったと結論付けた[108]。ポッパーの主張は個々人が適切な医療や処置介入を受けた可能性を含め、死亡時の特定の状況の重要性を無視したものだったが[108]、1991年3月28日に7人の男性と4人の女性で構成された陪審団は9対2の過半数でポッパーの検死結果を支持し、全員事故死とする評決を下した[11][106]。これに対し6人の遺族はポッパーの検死結果と評決に異議を唱え、新たな審理を求める活動を始めたが[106]、1993年11月に高等法院によって棄却された[64]。, 1991年7月11日、警察苦情局(英語版)は警備責任者のダッケンフィールド警視正とそのアシスタントを務めたマレー警視に対し、「職務怠慢」を理由に懲戒処分を受け入れるように勧告した[106][64]。これに対してダッケンフィールドは病気療養を理由に退職すると、1992年1月にマレーへの単独の処分を見送る決定が下された[106][64]。, 1996年、ジミー・マクガヴァーン(英語版)の脚本による「ヒルズボロの悲劇」についてのドキュメンタリードラマが放送され世論の関心を集めると、ジャック・ストロー内務大臣は事故原因の再調査を指示した[106]。スチュアート・スミス主席判事が新たに任命され、これまでの死因審問では提出されなかった数十の新たな重要証拠や目撃証言の精査を行ったが、「新たな証拠は見つからなかった」と結論付けた[106]。この調査結果を受けてストロー内務大臣は新たな審理の再開を否定した[106]。, 1998年8月、遺族は事故の際に治安維持の最高責任者だったダッケンフィールド警視正と、彼のアシスタントを務めていたマレー警視に対する私人訴追の手続を開始し、2000年2月16日に殺人罪と不正行為で告訴した[8][109]。同年6月6日に開始された裁判では被告側の過失や危険の予見性が争点となり、起訴側が「事故時の警察の失敗は一瞬の判断に直接起因するのではなく、安全性や対話を軽視した怠慢な姿勢にあった」と主張したのに対し、被告側は「スタジアムの歴史上前例のない、独特で予知のできない物理現象が起こった」と主張した[109]。一方、裁判を担当したアンソニー・フーパー(英語版)判事は「我々が日常生活において行う判断の多くは、誤りであって怠慢ではない」とそれぞれの違いを指摘した上で、「事故があったという単なる事実によって2人の被告の過失を見出すことはできない」という立場を採り、危機的状況時の怠慢という点のみでは重罪とすることは難しいと考えていた[109]。6週間の審議の結果、マレーは無罪となったが[13][8]、ダッケンフィールドについては規定時間内に陪審員の評決がまとまらなかったとして[13][8]、陪審を解散させた[8][109]。この判断に対し弁護側も詰め寄ったが再審については「公正な裁判は不可能である」として拒否した[8][109]。, 2006年、遺族のアン・ウィリアムズ(英語版)は、事故当時15歳で亡くなった息子の検死結果を不服として欧州人権裁判所に提訴した[110]。事故後の検死結果ではすべての犠牲者が15時15分の時点で死亡したか脳死状態だったとされていたが[110]、ウィリアムズは「息子は16時の時点まで生存しており、外傷性窒息で死亡したのではなかった」と主張していた[110]。2009年3月、同裁判所は「遺族の異議申立て期間が終了した」ことを理由に訴えを退けた[110]。, 1999年4月15日にリヴァプールのホームスタジアムであるアンフィールドで行われた10周年追悼式典には約1万人のファンが参加した[111]。犠牲者を弔うためのロウソクに火が点火され、10年前の試合と同じ審判のレイ・ルイスの笛と共に試合が中止された15時06分の時間に合わせて黙祷が捧げられた[111]。式典にはジェラール・ウリエ監督、現役選手のロビー・ファウラーやスティーヴ・マクマナマン、OBのアラン・ハンセンらが参加[111]。司教により犠牲者の名前が読み上げられ、「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」を合唱して式典を終えた[111]。, 式典に際してトニー・ブレア首相は「10年前の事故を反省するために時間がかかることは、きわめて妥当である。我々はあの日の出来事を決して繰り返してはならない」とメッセージを送り[111]、式典に参加したトニー・バンクススポーツ大臣は「サッカーファンの記憶から決して消し去ってはならない」とコメントした[111]。, 2009年4月15日に同じくアンフィールドで20周年追悼式典が行われ、リヴァプールのラファエル・ベニテス監督や選手や関係者のほか、エヴァートンのデイヴィッド・モイーズ監督など約2万5千人のファンが参加した[112]。10周年式典の際と同様に試合の中止された時刻と同じ15時6分には、リヴァプール、ヒルズボロ・スタジアム周辺、ノッティンガムで2分間の黙祷がささげられ[113]、犠牲者の名前が読み上げられ教会の鐘が鳴らされロウソクに火が燈された[113]。式典の際にはエリザベス女王とゴードン・ブラウン首相からのメッセージが読み上げられたが[113]、文化・メディア・スポーツ省のアンディ・バーナム(英語版)大臣がメッセージを読み上げた際には「96人への正義」を求めるサポーターの歌声により中断される一幕もあった[114]。こうした反応に対してバーナムは、遺族や生存者らによる活動を支持し、労働党議員のマリア・イーグル(英語版)らと共に全記録文書の公開について政府内で働きかけていく旨を約束した[114]。, 事故から20周年を迎えるにあたり、ヒルズボロ・ファミリー・サポート・グループ (HFSG) を含めた活動家たちは、事故に関するいくつかの重要証拠が長きに渡って秘匿されていることを理由に[110]、全ての記録文書の公開を求める活動を始めた[110]。2009年4月15日に行われた20周年追悼式典の翌日、文化・メディア・スポーツ省のアンディ・バーナム(英語版)大臣は閣議において全記録文書の公開についての問題を提起し、政府はこれを検討することに同意[13]。ゴードン・ブラウン首相は内務省と文化・メディア・スポーツ省に対し、情報公開のための最善の方策を調査するように要請した[115]。, この問題を統括するアラン・ジョンソン内務大臣は、同年12月15日にリヴァプール教区のジェームズ・ジョーンズ司教を委員長とした7人のメンバーで構成される「ヒルズボロ独立委員会」を設立[110][115]。政府は2011年8月に全ての記録文書の公開に同意し[1]、同年10月17日に独立委員会に全文書を引き渡した[1]。同委員会が未公開分を含めた45万ページ[116]におよぶ文書を精査した上で、事故情報に関する一般公開の是非を決定するとした[1]。, 2012年9月12日、独立委員会による再調査報告書が公表された[14]。報告書では従来の警備・運営上の不備に加え、スタジアム観戦の安全性の欠陥を新たな証拠を用いて明らかとすると、救急隊などによる緊急対応の不備も明らかとし[117]、適切な医療装置を用いて迅速に対応していれば96人の犠牲者のうち41人の命を救うことができた可能性があると指摘した[118][119]。, このうち、生存の可能性を秘めた犠牲者の数について独立委員会の医療顧問を務めるビル・カーカップは「適切な救急処置を施した場合、41人に関しては15時15分の後も生き残る可能性があった」と語った[116]。, また、同報告書では、批判の矛先を逸らすためにサウスヨークシャー警察によって隠蔽工作が行われたことも明らかにされ[116]「警察が入手した164の証言のうち、警察側にとって好ましくない116の証言については削除や修正が加えられるなどの捜査資料の改ざんが行われた[116]」「『ザ・サン』などによるリヴァプール・サポーター側に問題があったとする一連の報道は、警察関係者から地元紙の記者に提供された情報に基づくものだった[110][116]」と指摘した。, なお、捜査資料の改ざんは1998年のスチュアート・スミス判事による調査と以降の分析の際に行われたもので、それ以前のテイラー・レポートや死因審問や犯罪捜査や懲戒処分の審議にはマイナスの影響を及ぼしていない[129]。, 同日、デーヴィッド・キャメロン首相は「犠牲者は警察の不手際によってイギリスのスポーツ史上最悪の惨事に巻き込まれただけでなく、死後も警察やメディアから虚偽の疑いを掛けられるという二重の不正に苦しめられた」として謝罪した[116][118]。, さらにキャメロンはドミニク・グリーブ(英語版)法務長官に対し、新たな審理を命じる高等法院に再審を申請すべきか決定するため、早急に報告書を精査するように命じた[116]。報告書の公表を受け、労働党党首のエド・ミリバンド[131]、フットボール・アソシエーション会長のデヴィッド・バーンスタイン(英語版)[132]、シェフィールド・ウェンズデイ、サウス・ヨークシャー警察(英語版)署長のデヴィッド・クロンプトン、『ザ・サン』の元編集者のケルヴィン・マッケンジー(英語版)と編集者のドミニク・モハン(英語版)が謝罪をした[116]。, 同年10月12日、独立警察苦情委員会(英語版) (IPCC) は、独立委員会によって公表された警察の違法行為に関する大規模な調査を行うことを発表した[133]。同委員会は、報告書に記載された450,000点におよぶ新証拠を精査し、関係者に対する刑事告発または懲戒処分を推奨することを目的としている[133]。, 同年10月23日、ウェスト・ヨークシャー警察(英語版)署長のノーマン・ベティソン(英語版)が辞任を表明した[134]。事故当時、SYPに勤務していたベティソンはヒルズボロの悲劇を観客として経験した人物とされており、その後の内部調査に加わったが、IPCCから虚偽の情報を提供したという疑惑が掛けられていた[134]。なお、IPCCは「これらの退職や辞職は犯罪の識別や刑事告発を妨げるものではない」という見解を示した[134]。, 同年12月19日、グリーブ法務長官の申請を受け高等法院は死因審問の評決を破棄し、審理のやり直しを命じた[15]。同日、テリーザ・メイ内務大臣はIPCCの調査と並行して、「オペレーション・リゾルブ」と名付けた新たな調査を行うことを発表した[15][135][136]。この調査は犠牲者の死亡原因の特定を目的としたもので、新たな死因審問を行う検察側と密接に連携を取る形となっている[135]。, 2014年3月31日、チェシャー州ウォリントンの裁判所において控訴院判事のジョン・ゴールドリング(英語版)判事を検死官とした死因審問が開始された[137]。死因審問は災害の全体像を精査した上で、医学的証拠を含む96人の犠牲者のそれぞれの死因を検討することを目的とし[137]、冒頭陳述においてゴールドリングから観客がイギリスのスポーツ史上最悪の惨事に巻き込まれた経緯が述べられた後、96人の犠牲者の名前が読み上げられ、陪審員による宣誓が行われた[137]。, 2016年4月26日、2年間に渡る審理を経て3人の男性と6人の女性で構成される陪審団は、7対2の過半数でダッケンフィールド警視正の職務怠慢や警備態勢の不備によって犠牲者は不当に亡くなった(不法殺害(英語版))とする評決を下した[16][17]。この評決はリヴァプール・サポーターの行動に起因するといった主張を否定するとともに、ダッケンフィールドの訴追に繋がる可能性を秘めたもので[17]、ゴールドリング検死官も陪審団を支持した[16]。また、96人の死亡状況についても2012年の独立調査委員会による報告と同様に、その多くが15時15分以降に死亡した点を指摘[16]。1993年に延命措置の停止により死去したトニー・ブランド(英語版)を含む96人の死因については93人が圧迫による窒息であり、死亡時刻は14時57分から17時までと特定した[16]。, 2017年6月28日、検察庁(英語版)は事故当時の警備責任者であり95人の死に重大な過失のあるデイヴィッド・ダッケンフィールド警視正、シェフィールド・ウェンズデイFC (SWFC) の事実上の最高責任者であり[138]スタジアムの安全管理者を務めていたグラハム・マックレル秘書、1989年のピーター・テイラー(英語版)による調査および最初の審理の際にサウス・ヨークシャー警察(英語版) (SYP) を担当したピーター・メトカーフ弁護士、警察官の証言を審査する立場にあったSYPのドナルド・デントン警視正、捜査資料の改ざんに際し中心的役割を担ったSYPのアラン・フォスター警部長、事故調査の際に虚偽の情報を提供した疑いのあるSYPのノーマン・ベティソン(英語版)警部の合計6人を訴追したことを発表した[139][140][141][142]。, ブランドを除く犠牲者に対する過失を問うことになった理由について検察当局は、事故から4年後に亡くなったという法律上の問題のためとした[139]。また、ダッケンフィールドを除く5人については同年8月9日にウォリントンの裁判所へ出廷する予定となっているが、ダッケンフィールドについては1999年の裁判の際に下された命令を解除するために、高等裁判所に申請をする必要がある[139]。なお、スタジアムを所有するSWFCについては事故当時と2017年現在では運営会社が異なり、後継団体とはいえないため犯罪責任を問えないとし[140]、サウスヨークシャー・メトロポリタン救急サービス(英語版)の救急隊員や、イングランドサッカー界を統括するフットボール・アソシエーションについても、安全上重大な違反を犯したという証拠が不十分であるとして訴追は見送られた[140]。, 2018年8月21日、検察庁は証拠不十分のため有罪判決の見込みがないとしてベティソンに対する訴えを取り下げた[143]。, 2019年1月14日、ピーター・オープンショー(英語版)判事の下、ダッケンフィールドとマックレルに対する裁判が開始された[144]。ダッケンフィールドは95人のファンに対する過失致死、マックレルは労働安全衛生法上の義務の不履行の罪に問われたが、ともに容疑を否認した[145]。10週間の裁判の後に6人の男性と6人の女性で構成される陪審団が派遣され[146]、29時間以上の審議の結果、4月3日にマックレルは10対2の過半数で有罪となったが、ダッケンフィールドは重大な過失について有罪か無罪かを決定するには至らなかった[147]。検察側はダッケンフィールドに対する再審を請求しているが、ダッケンフィールドの弁護側はこれに反対する見解を示した[147]。, 同年6月25日、ダッケンフィールドの再審が決定した[148]。この裁判はプレストンの裁判所にて10月7日から開始される予定となっている[148]。, テイラー・レポートを受けて政府から1994年までに達成するように義務化されたスタジアムの近代化の問題は各クラブの財政を圧迫した[149]。一部の資金をフットボール基金から援助されたものの総改築費の4分の1程度に過ぎず[149]、テラスの廃止により財政収入が激減することは免れないこともあり、各クラブは入場料の値上げに踏み切った[149]。, またテレビ放映権料の分配率の不満に端を発した新リーグ設立の機運が高まる中で1991年7月に構想が具体化し[150]、フットボールリーグ1部に所属する全22チームがリーグを脱退しプレミアリーグを設立[150]。同リーグはルパード・マードックが経営するニューズ・コーポレーション傘下のBスカイBとのスポンサー契約により巨額の放映権料を獲得し[150][151]、さらに収益を上げるために株式を公開し上場するサッカークラブが登場するなど積極的な経営努力が行われるようになった[149]。これにより当初、懸念されていたスタジアムでの大規模な改修や設備投資が可能となったほか[150]、世界的なスター選手が加入するなど移籍市場が活発化しリーグとしての実力の底上げが図られた[150]。, 入場料が高騰したことにより従来の観客層だった平均所得の低い労働者階級の人々は淘汰され[149]、代わりに中流階級の人々や女性や家族連れの観客が増加[149]。1980年代には数々のトラブルが発生したことにより1980年代末には最盛期の1960年代から1970年代(1400万人以上)に比べて半数にまで減少していたトップディヴィジョンの年間観客数は[149]、プレミアリーグ発足後の1998-99シーズンの調査では2500万人を記録するなど最盛期を上回る数値を示した[152]。, ヒルズボロの悲劇における混乱の原因の一つとなった立見席の廃止とそれに伴う法制定によりスタジアム内の安全性が確保され暴力行為が追放された[153]結果、サポーターの熱意だけが残され[153]、女性と子供が安心して観戦の出来る環境も整い[150]、リーグの魅力を国内外に示すことが可能となった[150]。その一方、入場料金の高騰に伴い旧来の観客層である平均所得の低い階層や若者の試合観戦が困難な状態にあることに疑問を呈す意見もあり[154]、1990年代に1部リーグと2部リーグに相当するトップディヴィジョンにおいて全座席式スタジアムが義務化された後もサポーター達による立見席復活を求める活動が行われている[155]。2010年代においてもフットボール・サポーター連盟(英語版) (FSF) が「古き伝統への懐古ではなく、ドイツやオーストリアやアメリカ合衆国の事例が示すように、座席と立見席の中から選択が出来るように法規制を緩和するべきである」として立見席の復活に向けた署名活動を行っている[156]。また連立与党第2党の自由民主党は立見席の復活を政策として掲げ活動を行っている[156]。, 2016年、スコティッシュ・プレミアシップ所属のセルティックFCは本拠地・セルティック・パークにおいて、従来の立見席を改良し安全性に配慮した約3,000人分のセーフ・スタンディング(英語版)を導入した[157](スコットランドでは椅子席への改装を義務化したサッカー観戦者法は適用されない[157])。これを受けてプレミアリーグ所属の各クラブでもセーフ・スタンディングの導入が検討されている[158]。, 1989年5月、元ジェリー&ザ・ペースメイカーズのジェリー・マースデン(英語版)は被災者支援のために[159]、元ザ・ビートルズのポール・マッカートニーや元フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのホリー・ジョンソン(英語版)やザ・クリスチャンズ(英語版)と共に「マージー河のフェリーボート(英語版)」を再レコーディングして発表し、UKチャートで3週連続1位を獲得した[160]。, 1994年10月、脚本家のジミー・マクガヴァーン(英語版)はテレビドラマ『心理探偵フィッツ』の中でヒルズボロの悲劇を背景にした「孤独な男(英語版)」というエピソードを発表し[161]、ロバート・カーライルの演じる登場人物が冷酷な犯罪者に変貌する姿を描いた[162]。このエピソードを制作するにあたり人々の死が与えた影響を取材したマクガヴァーンは[162]、1996年12月にはクリストファー・エクルストン主演の『ヒルズボロ(英語版)』というドキュメンタリードラマの脚本を務め、3つの遺族の災害に伴う感情的な混乱と法廷闘争に挑む姿を描いた[163]。, 1998年9月、ロックバンドのマニック・ストリート・プリーチャーズはアルバム『ディス・イズ・マイ・トゥルース・テル・ミー・ユアーズ』を発表したが、その中に「S.Y.M.M.」という楽曲を収録した[164]。この曲はサウスヨークシャー警察を「大量殺人者」と見做し批判する内容のもので、1996年にドキュメンタリードラマの脚本を務めたマクガヴァーンに関する言及もなされた[164]。, 2014年4月、アメリカ合衆国のスポーツ専門チャンネル『ESPN』はヒルズボロの悲劇に関するドキュメンタリー番組を発表し、災害に繋がる重要な背景やその後の展開などを、現場に居合わせたサポーターや警官、遺族らの証言を交えて包括的に描いた[165]。, 同年7月、作曲家のマイケル・ナイマンは交響曲第11番『ヒルズボロ・メモリアル』を発表した[166]。これは芸術祭のリヴァプール・ビエンナーレ(英語版)で演奏するための楽曲の製作を依頼された際、1996年にヒルズボロの悲劇を追悼するため製作した曲を発展させたものである[166]。ナイマン自身は「遺族の苦しみの歴史と、私個人のサッチャー政権の腐敗と警察の欺瞞に対する怒りが籠められている」と発言している[167]。, 事故直後、遠く離れた位置にいたため事態を把握できない選手や観客によるピッチ侵入と誤認する選手もいたが[168][169]、試合が中止され被害状況が伝わるにつれて衝撃を受けたといい[168][170]、その中で最も早くレッピングス・レーンの惨状に気づいたキーパーのブルース・グロベラーや地元マージーサイド出身のジョン・オルドリッジは引退の可能性を示唆した[168]。監督のケニー・ダルグリッシュは故人や遺族に寄り添い、警察とフットボール・アソシエーションの失態に対して批判的な立場を採っていたが、ストレスにより帯状疱疹を患うなど体調を崩すようになり、1991年2月に監督を辞任した[66]。ダルグリッシュは退団後にシェフィールド・ウェンズデイから監督就任のオファーを受けたが「立見席で亡くなったすべての人々のことを考えれば、スタジアムにいることは出来ない」として辞退した[168]。, 事故当時10歳で亡くなった犠牲者の従兄弟だったスティーヴン・ジェラードは1998年にリヴァプールに入団すると2003年からは主将を務め[171]、2015年に退団するまで17年間に渡りチームに在籍したが[172]、自身は2009年のインタビューにおいて「従兄弟の家族の反応を目撃した経験は、私が今日のような選手になるための動機づけとなった」と発言している[173][174]。, 1989年5月、遺族は相互の支援と協力および事故に関連した正義と真実を引き出す目的のためヒルズボロ・ファミリー・サポート・グループ (HFSG) を結成し[175]、1998年2月には遺族と生存者にサポーターを加えたヒルズボロ・ジャスティス・キャンペーンを結成した[176]。2006年、アン・ウィリアムズ(英語版)は息子の死因に関する新たな審問を求める目的のためホープ・フォー・ヒルズボロを結成したが[177]、没後の2013年12月にBBCスポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー・ヘレン・ローラソン賞(英語版)を受賞した[178]。2014年12月、HFSG代表のマーガレット・アスピノールと会長のトレヴァー・ヒックスは20年以上に渡る活動が認められCBE勲章を受章した[179]。, 長年、サウス・ヨークシャー警察は市民に優れたサービスを提供し、多くの大規模なサッカーの試合や、石炭産業と鉄鋼産業のストライキなどの群衆問題に対して敏感に対応してきた。残念なことに彼らの4月15日の警備態勢はすでに述べたように崩壊していた。他にも原因は存在したが、災害の主な原因は警察のコントロールの失敗にあった, サッカーはわが国の国技であり世界中に影響を与えてきた。しかし、老朽化したスタジアムと貧弱な設備、サポーターの暴力と過剰な飲酒、スタジアム管理に責任を負うべき者達のリーダーシップの欠如により、「観るためのスポーツ」としての価値を損ない国家のイメージそのものを貶めている。スタジアムの安全性と群集行動には密接な関連性があり、責任者はこれらを全て考慮する必要がある。, 私は報告書に記載された新証拠の重大性のため、過去23年間に渡り苦しんだ全ての人のため、首相として96人の遺族に謝罪します。新証拠が掲示されたことにより、これらの遺族が二重の不正に苦しめられたことが明らかとなりました。弁護の余地のない停滞を与えられた彼らの最愛の人々を、凄惨な事件の不正と国の失態のために引き起こされた事件の真実と死者に対する不正から守ります。そして、わが政府とわが国のために、これらの二重の不正が長きに渡り訂正されないまま置き去りにされたことは非常に残念です, 群集の密度が1平方メートルあたり8人から10人に近づくと身動きが取れなくなり、圧力の衝撃波が伝播し将棋倒しが発生やすい状態となる, 同年に定められた「サッカー観戦者法(Football Spectators Act 1989)」の中の制度の一つ, en:Liverpool F.C.

Bf Bff Meaning, Heidevolk Band Wiki, Map Of Canadian Oil Sands, Corydon Biz 2020, New Challenger 392 For Sale, Royal Mail Apple Discount, Thunderstorms In The Mountains, Reflux Still Design, How To Transfer Visa To New Passport,